MENU

子どもの肥満を解決する方法は?

肥満

時代の流れとともに食文化も変わり、最近では大人だけでなく子どもの肥満も増えていると指摘されています。
同時に、昨今はどもの運動能力や体力も低くなっていると言われていますよね。

 

子どものうちから肥満体型になると、大人と同じくとうにゅ病や動脈硬化を発症する恐れがあります。
糖尿病には遺伝型もありますが、ほとんどが生活習慣が原因によるものです。
子どものうちからインスリン注射はかわいそうですし、肥満体型になることでイジメの対象になる懸念もあります。

 

子どもの肥満は健康のためにも、解消してあげたい問題です。
解消の方法は、基本的に大人と同じですが、成長期なので注意点はいいくつかあります。

 

まずは食生活の管理から始めてください。
子どもにとっては保護者が、それらの管理を行わなければなりません。
ご飯やパンなどの主食で炭水化物を摂ることは成長に欠かせませんが、食べ過ぎは当然ながら太る原因になります。運動量に合わせておかわりの量を調整してあげてください。
おかずでは、肉料理だけでなく魚もバランスよく食べるようにさせて、なるべく野菜も食べさせましょう。
野菜嫌いな子どもにとっては野菜を食べさせられることは苦痛になりますが、そこは工夫してあげてください。
たとえば、細かく刻んで料理に使用したり、おいしい野菜ジュースなども時には活用してみてはいかがでしょうか。
間食で食べるお菓子にも気を付けてくださいね。

 

また、運動不足や睡眠不足のようなら、それらも改善してあげてください。
成長期にも適度な運動は必要ですし、良質な睡眠をとることで成長ホルモンも分泌されます。

 

生活リズムに注意して、規則正しい生活を送ることを心掛けてください。
そして、大人と同じように子どもでも飲めるサプリメントがありますし、子ども用の商品もあります。
必要であれば、サプリメントも利用してみましょう。