MENU

BMI数値の計算方法

BMI数値の計算方法

体重的に自分が肥満なのか、標準体重なのか、また肥満度を調べるためには「BMI」という数値が関連しています。
BMIとは、[Body Mass Index]の略称で、簡単に言うと体格数値です。

 

BMIの標準値はおおまかに[22]が目安となっています。
大体[19〜25]までが標準値とみてください。

 

標準値を大幅にオーバーし、異常値になっているときにはすでに、高血圧や高脂血症、糖尿病、肝障害など、何らかの病気を発症しやすい状態と言えます。
また、[25]以上の倍は、明らかに肥満となり、さまざまな病気の発症リスクが高くなると考えてください。

 

このBMI数値は自分で簡単に調べられます。
計算式⇒体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))
この計算で、どのような数値が出ましたか?

18.5未満 痩せ型
18.5〜25未満 標準値
25〜30未満 肥満
30〜 高度肥満

あなたはどれに当てはまったでしょうか?
標準値なら問題ありませんので、その状態をキープするように心がけてください。
もし、25以上なら22を目指して肥満解消を心掛けてみてください。